たまの息抜き

神戸出身・セブ島在住25歳のたまちゃんによるブログ。

松岡修造の本気で信じる意志

おはようございます。

たまちゃんです。

 

いきなりですが、今日は尊敬する人のお話しを。
それは元プロテニスプレイヤーで今はキャスターなどで活躍されている

 

「松岡修造」さん

f:id:tamaharu921:20150422103633j:plain

 

最近では
「松岡修造が日本からいなくなると日本の気温が下がる。」
「松岡修造が風邪で寝込んだせいで春なのに雪が降った。」
などとものすごい伝説を作っているため「太陽神」などと呼ばれていますね。(笑)

男性人気タレントランキングでは昨年では50位圏外だったのが
錦織圭効果もあってか、今年の2月には一気に6位まで浮上!


男性タレント人気度上位50
http://www.videor.co.jp/casestudies/products-release/talent_man/


すごいですね(笑)
熱い、熱すぎる男です。
ポケモンのタイプだとまちがいなくほのおタイプ。
そんな松岡さんのsuntoryのC.C.レモンの応援動画に今はまっています。


君だけの応援歌ムービー
http://www.suntory.co.jp/softdrink/cclemon/song/


これの何がすごいって100種類もの応援を「本気」でしているところですよね。
松岡さん本人の考えたものもあればそうでないものもあるとは思うんですが
実際にムービーを見てみるとはまっちゃうんです。
本当に元気になってくる。
「なにアホなことしてるんやろ?」
って最初は思っていたのに何度も見ているうちに
「できる~できる~きみならできる~♪」
のメロディのとりこになってしまい、頭から離れません(笑)


はまる理由にはメロディのキャッチ―さと、松岡さん自身の面白さもあるんですが、
この応援には2つ重要なポイントがあると思うのでその考察をば少々。


①「頑張れ!」と応援するのではなく「できる!」と言い聞かせる

②「本気」で信じる姿勢を見せる


①「頑張れ!」と応援するのではなく「できる!」と言い聞かせる
応援って大体「頑張れ!」なんですよね。
でも松岡さんは「できる!君ならできる!」という応援をしています。
たしかに「頑張れ!」って結構、投げやりで無責任な言葉なんですよね。
「頑張るけど!頑張ってるけどさー!」って言われたほうは思っちゃう。
しかし松岡さんは「できる!君ならできる!」と土足で心の中に入ってきて
自分の気持ちを奮い立たせようとしてくる。
だから自分のことだと考えられる。
「そうか、自分はできるのか。」と。
でもこれってなかなかできることじゃない。
だって相手が出来るかどうかは本当は分からないじゃないですか?
だからみんな「頑張れ!」って応援してしまう。
「できる!」といってできなかった時に嘘をついたことになるのがいやだから。
ではなぜ松岡さんは画面越しの知らない人に「できる!」と言えるのか?
それが

②「本気」で信じる姿勢を見せる

からだと思うんです。
松岡さんにとって画面越しの僕たちが本気で出来るかどうかはわからない。
しかし松岡さん本人は「画面越しに見ている人ができると信じる」ことに本気なんです。
そして「信じることに本気になるかどうか」には根拠や理由は何一ついらないんです。
自分が「信じる」と決めた意志だけが必要なんです。

きっと「本気で信じる」と決めても相手に裏切られることもたくさんあるでしょうし
自分自身を「本気で信じた」としても達成できないこともあるでしょう。
しかしそれらは関係ないということを松岡さんは伝えているように思います。
なによりも松岡さん本人が「自分の応援を見てくれる人を元気にさせられる」と自分自身を本気で信じているように感じるんです。
それは松岡さんの今までの経験などによって培われてきた自身への信頼から
生まれる「本気」なのでしょうが、
それって誰でも今からでも「信じる」と決める意志を持つことで生まれる「本気」なんですよね。

だからこの動画を見たら「本気」で「できる」と思わされるんです。

 

「できる~できる~きみならできる~!ぼくは本気だ!きみは本気か!?

 

大切なのは過去の実績ではなくこれからのことを本気で出来ると信じる意志です。

 

たまちゃん